マンボウの雑学

水族館で人気のマンボウ

見た目の愛くるしさからマンボウは水族館の中でも人気のある魚の一つです。
水族館のギフトショップではたくさんのマンボウグッズが販売されていて実際に多くの人が購入をしています。

しかし、そんなマンボウですが生態については謎なこともまだまだたくさんあり、解明されていないこともたくさんあるのです。
インターネット上では都市伝説のように「海底へ潜ろうとして寒さのあまり死ぬ」「朝の太陽光を浴びると死ぬ」といったことが書かれていて「マンボウ最弱伝説」という話題が盛り上がっていますし、マンボウ育成ゲームなるものまで登場しています。
これは興味深い話であり、ここではこの都市伝説がどこまで本当なのかを紹介していきます。

マンボウ最弱伝説にはどのようなものがあるのか

インターネット上でマンボウが弱いということは様々な内容で紹介されています。
例えば、小魚の骨が喉に詰まって死ぬとか寄生虫を殺すためにジャンプをしてそのまま水面位激突して死ぬ、とか海底に潜水してその海の寒さで死んでしまうとか、とにかく弱いエピソードがたくさんです。
そこで、一つずつその真偽を検証していきます。

まず、小魚の骨が喉に詰まって死ぬかどうかですが、マンボウ自体は消化能力が弱い魚なのです。
海中で生活しているマンボウは、食事をするときにはクラゲなどを食べていますが、水族館で飼育されている場合は、エビやイカのすり身を食べていることが多いです。
魚をそのまま与えると、骨が腸に刺さって死ぬことがあると言われています。

次に、寄生虫を殺すためにジャンプをして水面に激突して死ぬと言われていますが、似たようなことを水族館でも行っていてジャンプをすることはあります。
しかし、水族館ではそれが原因で死んだマンボウはいません。

次に、マンボウは直進しかできないという説があります。
しかし、これもマンボウは曲がることは可能です。

とはいえ、他の魚と違って体を曲げるというよりは後ろのヒレで方向転換をしているので小回りが悪いためにそのような言い方がされます。
あくまでも小回りが利かないだけであり真っ直ぐ泳げないわけではないのです。

海底に潜って寒さで死ぬと言われていますが、これも嘘であると言われています。
多くの場合は海底800メートルほどまで潜ることができると言われており、それで死ぬということはありません。

他にも太陽光を浴びると強すぎて死ぬと言われていますが、これも間違えています。
光を浴びすぎて死ぬならば、水族館の膵臓に向けてカメラのフラッシュを焚いてもびっくりしてショック死することになってしまいます。
そこでこれは間違えている情報出ると言えますが、中には驚いて水槽にぶつかって死ぬというマンボウもいます。