勘違いされているアニメのセリフ

日常で私たちはアニメのセリフを口にしている

私たちは、日常的に無意識的にアニメのセリフを口にしていることがあります。
アニメや漫画というのは、子供の頃から慣れ親しんでいるために多くの人が知っているために使い勝手が良のです。

しかし、実は子供の頃読んだきり読み返していないという漫画も多くあります。
そうすると少しずつストーリーが抜けていきますし、その中のセリフが記憶の中で勘違いをしてしまっているというケースもあるのです。

そこで、ここでは実は勘違いされているアニメのセリフにはどのようなものがあるのかを紹介していきます。
これを読むと自分でも気づいていない勘違いセリフを知ることがでいます。

オッス、オラ悟空は一度も言っていない。

ドラゴンボールといえば、未だに男の子が必ず漫画を読んだりアニメを見たりしたことがある漫画です。
親子で見ていてストーリーを話し合うことができるという家庭も多いものです。
しかし、アニメのセリフについては勘違いをしている人が多くいます。

タイトルに書いた通り、ドラゴンボールの漫画でもアニメでも、最も多くの人がイメージする「オッス、オラ悟空」というセリフは本編の中で一度も発していないのです。
一度も言ったことないセリフなのに、なぜ多くの人が勘違いをしているのかと言うとアニメのドラゴンボールで、次回予告が始まると悟空がこのセリフを言っていたためなのです。

次回予告では、他のキャラが次回予告をいうこともあり、当番制のような形式が取られていました。
しかしかなりの頻度で悟空が登場していたこともあり、皆の記憶の中で悟空のこのセリフは頭に残っているのです。

お前はもう死んでいる、も実は勘違い。

北斗の拳も昔から人気のアニメであり、男の子の多くは読んだ経験がある漫画であるといえますし、親子でファンであえると言う人がいるものでもあります。
しかし、この漫画の中でも勘違いしているセリフがあります。

それがケンシロウがいう「お前はもう死んでいる」というものです。
ケンシロウが北斗神拳を決めてこのセリフを言うと、相手が血しぶきをあげて死ぬと言うのが多くの人の中にある北斗の拳のイメージです。
しかし、漫画版ではたった一度しか出てきていないシーンなのです。

では、これもなぜこんなにも多くの人にイメージに残っているのでしょうか。
これもドラゴンボールの話と同じで次回予告の中でこのセリフが多用されていたために、多くの人の頭に残っているのです。
また、北斗の拳は様々な人がモノマネをしていたりパロディアニメがあったりして認知度が高く、そう言った人たちがこのセリフを多用していると言うこともありセリフの印象が強く頭にある人が多いのです。