ソフトクリームの雑学

ソフトクリームとアイスクリームの違い

夏だけでなく寒い冬でもなぜか食べたくなるソフトクリームは、アイスクリームの仲間のように思われている部分もありますが、厳密には違います。
ソフトクリームとアイスクリームの違いを説明しておきます。

まずアイスクリームは凍らせてから容器に詰めたり、型に入れ形を整え袋詰めされたりしてマイナス30度で保管されます。
凍結させるため、ミルクのフレッシュさは失われますし、水分が凍るので氷の結晶が混ざります。

ソフトクリームの場合はアイスクリームに比べて温度が高く、マイナス5度から7度の間で保管します。
保管している間もフリーザーの中で撹拌しているため常に空気が取り込まれ、口当たりがクリーミーでなめらかになります。
アイスクリームは少しシャリシャリとした食感ですが、ソフトクリームはその名の通りソフトでフレッシュな食感が特徴です。
ただし乳製品の成分規格等に関する省令では、アイスクリームもソフトクリームも同じカテゴリーとして扱われます。

こうして考えてみると、確かにアイスクリームと名が付く物は、フルーツやミルクを使っていてもソフトクリームのフレッシュさとは少し違う気がします。
保管する温度にもよりますが、アイスクリームはどちらかといえばカチカチに凍っていますが、ソフトクリームは常に適度な柔らかさがあります。
どちらも暑い夏に食べると美味しい物ですが、厳密な違いを知ると食べる時の気持ちも変わってきそうです。

ソフトクリームに欠かせないコーンの話

ソフトクリームは三角の形をしたコーンに盛ります。
店でコーンにソフトクリームを盛ってから食べる場合と、あらかじめコーンに盛った状態で袋詰めされている物もありますが、このコーンはトウモロコシのコーンではありません。
コーンと言う事から、原料がトウモロコシと思われる事が多いのですが、実は全く違います。

ソフトクリームのコーンは、coneと表記し、円すいという意味があります。
工事現場などで見かける三角系の赤い置物もコーンと言いますが、円すいという部分は同じ意味です。
原料に使われているのは小麦粉です。
ギリシャ神話でゼウスに授乳したと言われる、コルヌ・コピアというヤギの角が由来となっています。

コーンは小麦粉やベーキングパウダーを使って作ります。
小麦粉に含まれるデンプンが焼く時に膨らみ、ベーキングパウダーから発生する炭酸ガスがコーンの内部に空気を含んだ穴を作るため、噛んだ時にサクサクとした食感になるのです。
焼く事で香ばしさが出ますが、これがソフトクリームの甘さを引き立て美味しくさせてくれるのです。
最近はワッフルのコーンも登場していますが、今度食べる機会があったら、王道の小麦粉を使ったコーンで食べてみてください。