あの建物の電気代は一体いくら?

気になる色々な建物の電気代

日頃の生活の中で自宅の公共料金を見ても「高い」と驚くことがあります。
特に電気代については我慢をしようと思っても、毎日の暑さや寒さによって我慢が難しいこともありますし、電気は暗くなればつけなければ生活できないですから切り詰めることが難しいものでもあります。

そうなると気になるのが大きな施設では電気代がどのくらいの金額になるのかということです。
そこで、ここでは気になる色々な建物の電気代について紹介をしていきます。

電気代の算出方法とは

基本的に1時間あたりの電気代の算出方法は、消費電力(キロワット)×電気代の単価で求めることができます。
電気代の単価は電力会社であったり契約内容であったりによって変わってきますがここでは主要電力会社10社の平均単価である1時間あたり27円で算出をしていきます。

ちなみにこれを利用して家庭の電気代を調べていくと、毎日10時間使用したとすると扇風機は1ヶ月あたり350円、エアコンは4000円です。
これを参考に色々な場所での電気代を調べていきます。

コンビニの電気代

コンビニでは蛍光灯の本数が多く、照明が一般家庭よりも明るくなるようにされていますし、常に温度管理が徹底されています。
そして、家庭の冷蔵庫とは比べ物にならないほど冷蔵施設がたくさん設けられているので電気代が高いことが予想される建物です。

もちろん、施設や環境によっても異なってきますが、統計によるとコンビニの年間電気使用量は都内の1店舗あたり1ヶ月で14416キロワットとされています。
そこで、一ヶ月の電気代はおよそ39万円と算出することができます。
多くのコンビニは24時間365日稼働しており、それに伴い空調も冷蔵庫もフル稼働しているのでこの金額は致し方ないと言えます。

パチンコ店の電気代

パチンコ店では空調だけでなくパチンコの機材を動かすための電気代がかなりかかることが予想されます。
さらに、パチンコ店ではたくさんのコンピューターが稼働しており、それらを動かすための電気代も必要となりますから、使用する電気量は相当なものであると推測するのが一般的です。

全日本遊戯事業協同組合連合会によると、パチンコ店全体での電気総使用量は6666806632キロワットであるとされており、1店舗あたりに換算する768065キロワットとなります。
一ヶ月あたりに換算すると64005キロワットとなるので、一ヶ月あたりの電気代は172万円です。

観光名所の電気代

観光名所でもライトアップや施設運営といった色々なもので電気を使用しています。
レインボーブリッジの場合には、毎日日没から24時までライトアップをしています。
これは電気代を計算すると75万円かかると言われており、実はパチンコ店に比べるとかなりリーズナブルです。

同じく東京タワーも夜間ライトアップをしていますが、これも一日21000円であるとされているので、一ヶ月あたりは63万円です。
それに対して東京スカイツリーはオールLEDライトであるために少々リーズナブルになり48万円と言われています。