覆面パトカーの見分け方

48006_03_02

外観からのチェックポイント

高速道路を利用しているドライバーにとって、一番お世話になりたくないのが、覆面パトカーです。
覆面パトカーは一般の白黒ツートンのパトカーとは違って、外観からは判別するのが難しく作られていて、一般車に紛れ込んで取り締まりをするこの覆面パトカーは、ドライバーにとっては天敵の様な存在です。

外観からは一般車両とは判別しにくい覆面パトカーですが、数か所のポイントをチェックする事によって、見抜く事が可能です。
まず覆面パトカーに使われている車両はセダンタイプが多く、トヨタではクラウン、日産では旧スカイラインのセダンが使用されていて、車体色も地味な白・黒・グレーが多いです。
しかし、セダンタイプ以外にも独自にワゴンタイプやクーペタイプを使用している警察もある為、その他の車種も要注意です。

一番外観から見抜けるポイントとしては、運転席や助手席はクリアガラスでも、後部座席の窓に濃い色のスモークを貼って、車両の中を確認しづらくしている点です。
これは速度違反車両を捕まえた時に指示する電光掲示板や、助手席側のルームミラーが確認出来無い様にする為です。
その他にも警察無線用のアンテナがチョンマゲの様に付いている点や、ホイールに地味なキャップが付いている点、毎日洗車をしている為に異様にピカピカな車体からオーラが出ている等が、外観の特徴です。

独特な走行の仕方をチェックする

一般車に紛れて取り締まり中の覆面パトカーは、左側車線を制限速度+10km/hぐらいで走行している事が多く、追い越し車線を勢い良く走って来るクルマを警戒しています。
もし運悪く覆面らしき車両を追い抜いてしまいそうになった時は、アクセルを緩めて車両内部を確認する事をお薦めします。

覆面パトカーは2名乗車が義務付けられています。
いかつい男性二人が乗っていないか?運転手がハンドルを握っている手に、白や薄いブルーのグローブをはめていないか?そして一番の要チェックポイントとして、白いヘルメットを被っていないか?を確認することで、覆面パトカーを見極めることが出来る可能性はあります。

アクセルを緩めるのが間に合わずに追い越してしまい、貴方が追い抜いた後にその車両が貴方のクルマの後について来る様ならば、直ぐに左側車線に移って道を譲りましょう。
道を譲った後に抜かれる時に、良く相手車両の内部を確認してみると、更に覆面かどうかを見抜く精度が増します。
また、下記のホームページではもっとも覆面パトカーと遭遇しやすい高速道路に限定した覆面パトカーの特徴などが掲載されています。
>>高速道路の覆面パトカーの車種や見分け方 | 車売るトラ子

停車中の車両も要注意

覆面パトカーは常に走行している訳では無く、高速バスの停留所や、サービスエリア・パーキングエリアの加速車線に停車していて、じっと違反車が来るのを待ち構えている時もあります。
その様な場所に乗用車が単独で停車している乗用車を見かけたら、覆面パトカーと疑って注意して走行し、アクセルを緩めましょう。

高速バスの停留所は前後の視界が広く、違反車両の発見をしやすい場所なので非常に取り締まりに適しています。
またサービスエリアとパーキングエリアの加速車線も、違反車両に対して一気に加速して追いつきやすいので、こちらも取り締まり場所として多く使われます。
常に違反車両がいないかと見張っている覆面パトカーですが、彼らも高速道路の安全を祈った上での取り締まりをしているので、私達一般ドライバーも速度の出し過ぎに注意して、安全にドライブを楽しむ事を心掛けましょう。