ハロウィンにまつわる雑学

hallo-back003

日本でも定着した行事

近年では、すっかり日本でも定着した秋のイベントと言えば、「ハロウィン」ですね。
子供から大人まで仮装をして、みんなでパーティーを楽しむと言ったこのイベントも、その起源や本来の意味は意外と知られていません。

元々のハロウィンは死者を弔う祭りで、その起源は古代ケルト人の宗教的な儀式から始まりました。
ケルト人とは、中央アジアからヨーロッパに移り住んだ渡来人で、古代ギリシャ人が、よそ者を意味する「ケルトイ」と呼んだ事から、「ケルト」と呼ばれる様になりました。
ケルト人はイギリスのブリテン諸島を除くヨーロッパ一帯に広く分布していましたが、古代ローマ人によるローマ帝国の勢力拡大に伴って、次第にローマ人と同化して行き、そのケルト文化も広くローマ人に伝わって行きました。

宗教的儀式としてのハロウィン

毎年10月31日に行われるハロウィンですが、この日はケルト人にとっては一年が終る日で、
日本でいうところの大晦日に当たります。
ケルト人はこの日に死者の霊が訪ねて来ると考えられていて、先祖供養の儀式と、秋の収穫への感謝の日としていました。

この日は死者の霊と同じく、魔女や有害な精霊も訪ねて来ると考えられていて、それらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの為に焚火を囲んでいました。
これがハロウィンの元と考えられています。
死者の霊が訪ねて来ると言うのは、日本のお盆的な考えに似ていますね。
ハロウィンの翌日の11月1日は「諸聖人の祝日」(万聖節)と呼ばれ、英語の「ハロウマス」と前日の「イヴ」意味から、「ハロウィン」と呼ばれる様になりました。

かぼちゃとお菓子

ハロウィンと言えば、かぼちゃをくり抜いたオバケの「ジャック・オー・ランタン」が有名ですが、実は元々は、かぼちゃでは無く、カブだったらしいです。
酒飲みの悪人のジャックが死後、その素行の悪さから天国からも地獄からも追い出され、道に迷った時に使ったのが、カブをくり抜いて作ったランタンだと言われています。

ハロウィンが世界中に流行り出した時には、アメリカではカブは一般的で無かった為に、かぼちゃにとって変えられたようで、これが日本にも伝わって来ました。
アメリカでは、かぼちゃですが、現在の形の様なハロウィン発祥地のアイルランドやイギリスでは、現在でも元ネタに拘ってカブが使われています。

英語圏では仮装した子どもたちが家々を訪問すると、「トリック・オア・トリート」と言います。
直訳すると「悪戯がいい?お菓子がいい?」の意味で、「お菓子をくれないと、悪戯しちゃうぞ!」と脅して、お菓子を分けてあげます。
日本では仮装して練り歩くだけですが、子どもにとってはおやつをもらえるチャンスですね。