電車の中での過ごし方で性格がわかる?

電車は日常生活で大事なライフライン

多くの人が、電車に乗って会社に行ったり、学校に行ったりしています。
特に都会では通勤通学で電車を利用するのは当然のことであり、移動をするにあたって必要不可欠のものです。

この電車の中の過ごし方は人によって様々です。
睡眠時間を補うために寝ている人もいれば、読書をしている人もいます。
最近ではスマートフォンで情報を閲覧したり、ゲームをしたりする人も多いです。

そして、電車の中では過ごし方だけでなく座る場所も人によって好みがあります。
この電車の座り場所が人の性格や深層心理を知ることのできるものであると言われています。
そこで、ここでは電車の座席と心理学の関連を紹介していきますから是非参考にしてみてください。

電車で端に座る人の特徴

電車内では人と触れる面積を最小限にしたり睡眠が取りやすくしたりするために座席の恥を選ぶという人が多いです。
最も電車内で人気なのが、この端であるとも言えるくらい多くの人が座る場所でもあります。

この電車の端を選ぶ人は真面目で常識がある人が多いということが言われます。
しかしその反面自分の世界観はきちんと持っており、そのバランスも良いということも言われているので、自分と違うタイプや非常識な人に対しては嫌悪感を抱きやすい傾向があるのも特徴です。

やはり多くの人が好む席であるために、日本人の古くから持つ気質を表現していると取ることもできます。
そういった点からも日本人が端の席を選ぶ理由が伺えます。

真ん中に座る人もいる

席が空いている時の方が多いですが、座席のシートの真ん中を選んで座るという人もいます。
そして、そういった真ん中を好む人は子供に多い傾向なのです。

真ん中を選ぶ人は大胆でオープン、豪快な人が多い傾向があります。
女性ならば肝が座った姉御肌タイプですし、男性であれば自分で道を開いていくリーダータイプの人が多いです。

その反面、自己中心的や自己犠牲が強い傾向の人もいますし、豪快さからガサツに思われたり敵を作ってしまったりすることも多いです。
カリスマ性があるために致し方ないと言える面でもあります。

真ん中と中央の間に座る

人によっては真ん中と中央との間、四分の一の位置に座ることを好む人がいます。
ここを選ぶ人は努力家であり秀才タイプです。
努力で何事も成功する人であり、目標を持って努力を続けて自分を高めることができる人でもあります。

この席を選ぶ人は決して多くはいません。
しかし、とても努力家であり仕事や学業で高評価を得る人が多いです。
その反面頑張りすぎてストレスをためることがあるので注意が必要ですし、周囲も頑張りすぎないように声をかけてあげるようにしましょう。