自転車の雑学

なぜ、チャリンコなの?

自転車をチャリンコと呼ぶ人は多いですが、なぜそのように呼ぶのかは、わからないという人がほとんどではないでしょうか。
諸説ありますが、分かりやすいものをご説明しましょう。

まずは韓国語が訛ったのではないかという説です。
韓国語で自転車は「チャジョンゴ」と言いますから、「チャリンコ」に似ています。
つまり、チャリンコ=チャジョンゴちうことでしょうか。

それから、これは少々年齢の上の人にしかわからないかもしれませんが、「ロボコン」説です。
実は「チャリンコ」という言葉が使われ始めたのは1970年ころの東京でした。
その後、放送された石ノ森章太郎さん原作の「がんばれ!!ロボコン」という赤いロボットが人間世界で奮闘するというドラマに「チャリンコ」という言葉が頻繁にでてきていたようで、そこから、広まったのではないかという説があります。

また、関西の人は「チャリキ(チャリ機)」と言いますが、茨城の人も「「チャリキ(チャリ機)」と言います。
関西と茨城はかなり離れているのに、同じ呼び方というのは不思議です。
そして、名古屋は「ケッタ」または「ケッタマシーン」と呼びますが、なんだかかわいい呼び方です。
語源は「蹴ったくる」という言葉のようです。

自転車で交通違反もある

自転車は軽車両ですから、交通違反ということはあるのです。
知らず知らずのうちにやってしまうことって、結構あるものですから、ご注意ください。

一般的な道路標識は「自転車は除く」という表記なしとなると、進入禁止、一方通行、一時停止などをまもらなければいけません。
けれども、自転車から降りて押しているという状態なら、歩行者扱いになります。
自転車の飲酒飲酒運転(及び酒気帯び運転)は懲役5年以下または100万円以下の罰金、信号無視交差点で二段階右折をしなかった(懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金)等がありますので、ご注意ください。
その他にも、ついうっかりとやってしまいそうなのは夜間、ライトをつけないで走ってしまう事ですが、夜間の無灯火走行は」5万円以下の罰金になりますから、気をつけなければいけません。

自転車はエコ

実は自転車は半端でないくらいにエコで、地球におけるあらゆる移動手段の中でもっともエネルギー効率が良く、エネルギーのロスがたった4%だそうです。
車と比べてみますと、輸送エネルギー(人1kgが1km移動するのに使うエネルギー)にもかなりの違いがあります。
自転車の輸送エネルギーは0.15ですが、車は0.82で5倍ほどの違いがあるのです。

このように、数字で見ますとその違いがよくわかるでしょう。」
それほど遠い場所に行くのでなければ、車でなく自転車を使うと良いです。