ビックカメラのトリビア

家電量販店「ビックカメラ」のナゾ

大手家電量販店として知られる
『ビックカメラ』ですが、名前のビックが
「なぜビッグ(BIG)では無いのか」という
疑問も持つ人は少なくありません。

これには大きな理由があり、正式に
使われているほうのビック(BIC)は英語の方言で
「外見も中身も大きい」という意味があるためです。
大きな店舗と大きな店内、ひいてはそれに見合う
品揃えというお店の意気込みを感じさせる
名前の付け方と言えるでしょう。

また、ビックカメラの名前とは裏腹に、
「家電全般を扱っている」という点も
たびたび指摘されていますが、これは、
ビックカメラが文字通りカメラ専門の
ディスカウントストアだったためです。
1968年に群馬県高崎市で創業した
ビックカメラですが、時代の変化に伴い
家電やパソコンを取扱うようになって、
現在に至るというわけです。

このビックカメラの家電を中心に様々な
商品を取扱うという経営方針は現在も
続けられていますが、スマホの爆発的な
普及に伴い、昨今はビックカメラの
格安SIMなどもリリースされているほどです。

参照サイト>ビックシム|ビックカメラの格安SIM

ちなみに、1970年代は、
スーパーカーブームに次ぐカメラブームの
到来で、個人経営のカメラ屋が数多く
存在していました。機を見て、屋号と
関係の無い商品を取扱いはじめたという点は、
ビックカメラと同業のヨドバシカメラなども、
ほぼ同様と言えるでしょう。